2007年11月10日

カウルの補修塗装

盆に実家へ帰省した際、久々に黄パッソル号をかまってやりました。
持ち帰ったのは、デイ○ナ・MCペインタ〜シリ〜ズの、イ〜ズィ〜リペア(マ〜カペンタイプの補修用タッチアップペイント)。
純正色と同じコムペティション・イ工口〜なんですが、ペンの方が少し色が薄いようです。
気になってた「カバ〜,サイド 1」の目立つ傷に塗り塗り。
20070817-1.jpg
もうこの時点で遠目にはほとんど分かりません


でもアップにすると…やっぱり目立ちますね〜
20070817-2.jpg
もう少し塗り重ねた後、盛り上がった部分をペ〜パで落としてコンパウンドで磨き込むのですが、
私は面倒臭がりなんで塗料の乾燥時間を充分取りたかったのでそのまま実家を後にしました。

Σ(゚Д゚)エェェッ!! モウシマイカYO!!(爆)

あと、オイルタンク周辺のオイルへドロをきれいにしようとマジッ○リソにズックブラシ、歯ブラシなど一式持ってったのですが…全く汚れていませんでした(/ε\)
どうもブル〜ハワイ号の印象が余りにも強すぎて、勘違いしてしまったようです(笑)

*****

それから2ヵ月後…

実家に行く野暮用があったので黄パッソル号の「カバ〜,サイド 1」のタッチアップを重ね塗りする事に。

先回で色味に問題ない事はもう解ってたんで安心してなぞっていくと

工エエェェ(´д`)ェェエエ工

い、色が 濃い や ないかいっ!

元色よりもタッチペンの方がわずかに薄かった筈なのに…
開封すると色が濃くなるなんて聞いてないぞ!!!

…さすがデイ○ナ品質(核爆)



写真なんて撮らないんだ、フン!ヽ(`へ´)ノ


posted by Pink☆Panther at 18:35| Comment(0) | 黄パッソル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。